サイトトップ > アフィリエイトとドロップシッピングの違い

「アフィリエイト」と「ドロップシッピング」の違い

ネットショップの形態にはその仕組みの違いなどで、ご紹介のドロップシッピング以外にも、今まで日本が主流として行ってきた「ECサイト」や最近人気の商品などの紹介をする「アフィリエイト」といったものがあります。
これらとドロップシッピングとの違いについて、簡単になりますが、おおまかにご説明いたします。

まずは、一般的なネットショップである「ECサイト」。 この「ECサイト」では、通常のショップでの販売経路と同様で、商品を提供する「サプライヤー(商品などの供給者。商品製造業者)」とネットショップがあり、そしてその商品などを購入する消費者が存在しています。 この「ECサイト」では、商品提供の「サプライヤー」からショップが商品を卸してもらい、その商品をショップで販売します。 そして、消費者からの注文があると、その商品をショップが発送するという流れになります。

続いてドロップシッピングですが、他のページでもご説明しているとおり、商品やサービスを提供する「サプライヤー(※ドロップシッピングのサービスを提供するプロバイダー)」とショップを運営する「ドロップシッパー」そしてその商品などを購入する消費者となります。

商品の流れとしては、サプライヤー(※ドロップシッピングサービスプロバイダ)が商品の販売委託(会員登録や契約)をドロップシッパーにして、そしてドロップシッパーが、ご自分のショップサイトなどを使って商品を掲載、紹介して販売します。

その商品の購入者(消費者)が注文をすると、その注文情報がサプライヤーに伝わり、サプライヤーが直接消費者へと商品を発送します。 この仕組みにより、ドロップシッパーは在庫がなくてもショップ運営が始める事ができ、また商品を提供するサプライヤーは、マーケティングをしなくても商品が売れていく流れを構築していく事ができるということになります。

スポンサードリンク

「アフィリエイト」とは?

そして近年人気の「アフィリエイト」。
アフィリエイトとは「アフィリエイト・プログラム(Affiliate Program)」の略で、成功報酬型広告ともいわれています。

ご自分のWebサイトやメールマガジンなどを利用して商品その他の紹介や、提携企業サイトへのリンクを張ることで、そのリンクを経由して当該企業のサイトに掲載されている商品の購入や会員登録などを行われる事で、リンク元サイトの運営者に報酬が支払われるという広告の手法になります。

ドロップシッピング」と非常に似たように思える「アフィリエイト」ですが、他のネットショップとの仕組みと違い、紹介する商品は物販に限らず、単に会員登録だったり、資料請求をしてもらう事だったり、またPDFやDVDなどに色々なノウハウを電子書類にした情報だったり、動画などといった様々なものの紹介が含まれています。

そして様々なアフィリエイトの中には、例え商品が購入されなくても成功報酬が発生する、クリック型のアフィリエイト・プログラムというものもあります。

物販においても、そのアフィリエイターの掲載した広告を通じて消費者が商品を購入した場合、その売上に応じて報酬を支払うというものですが、 基本的には商品をご自分で販売するのではなく、販売する提携先や提携サイトを宣伝することにより報酬を受け取ることのできる仕組みともいえます。

ドロップシッピングのサービスを提供するところを、「ドロップシッピングサービスプロバイダ(DSP)」と呼んでいますが、アフィリエイトのサービスを提供するところは、同様に「アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)」と呼ばれています。