サイトトップ > ドロップシッピングとは?

「ドロップシッピング」とは何か?

「ドロップシッピング」とは、インターネットでの商品の広告、または販売の一形態で、元は英語の流通用語「ドロップシップメント」という「生産者から購入者へ直送する」という言葉から派生したインターネット通販の新しい仕組みのことです。

聞きなれない方には、よく間違いやすいのですが「ドロップショッピング」ではなく「ドロップシッピング(Drop Shipping)」となります。

この「ドロップシッピング」の具体的な販売の流れとしては、販売したい商品をインターネット上のウェブサイトなどで紹介やその情報を提供し、そのサイトからの閲覧者がその商品を購入するため注文した場合に、その商品を販売するメーカーや卸売り業者(ベンダー)が商品の在庫から、購入者へと直送させるネットショップの運営方法になります。

これによりウェブサイトの販売者は、販売したい商品の在庫を抱えることなく、また面倒な発送手配もすることなく簡単にネットショップを運営できる、ということになり注目を集めている販売方法です。

製造元や卸元などの商品提供業者との契約によって、在庫や商品の発送だけに限らず、注文から先の請求、商品の説明や問合せなどのサポートや対応もすべて代行してくれるものと、請求やサポートなどは販売ショップ側で対応するなどの取引方法があります。

これらの仕組みは、製造元や卸元などにしてみれば販売販路の拡大というメリットがあることから成り立っています。

スポンサードリンク

「ドロップシッピング」を始めるためには

この「ドロップシッピング」を始めるためには、ネットショップを仲介しているドロップシッピングサービスプロバイダ(DSP)というサービス提供会社があり、ネットショップを開きたい人はその仕組みを提供しているプロバイダに会員登録をしなければなりません。

販売したい商品を選択しその価格を設定し販売いたしますが、商品の仕入れ価格との差額がご自分の利益となります。
サービスプロバイダの用意している仕組みや販売方法の選択によって、いろいろなパターンがありますが、代行してもらう内容によって仲介するDSPにもいくらか支払うことになります。
一般的には、代行してもらう内容が少ないほど販売価格と仕入れ値の差額、つまりご自分の利益が大きくなるようになっています。

販売以外の支払いや返品、問合せなどの対応など全てを代行してくれるところなどは、最初から仕入れ値にサービスプロバイダの利益が含まれているところもあり、その場合は、価格設定から仕入れ値を引いた金額が全て利益という事になります。
そういったサービスプロバイダへの会員登録では、好きな商品を選んで自社のショップで販売することができるので、商品手配の手間がありません。