サイトトップ > 日本ドロップシッピング協会(JDSA)の活動

日本ドロップシッピング協会の活動

ドロップシッピング協会の役割やその活動は色々とありますが、その目的はホームページやブログなどで情報を提供する個人や企業が、ドロップシッピングやアフィリエイトプログラムに参加や運営の際に、標準となる業界ガイドラインの作成や関連する法令、またその遵守を推進しています。

そして、そういった目的をもとに情報と交流の場を提供したり、業界の健全な発展と、さらにはIT活用での経済活動の活性化を目指し活動を行っています。
(※さらに詳しく知りたい方は、日本ドロップシッピング協会 法人定款を参照してみてください。)

そんなドロップシッピン協会が健全な発展を目指し色々と行っている活動の中で、具体的な事業が大きく分けて3つあります。

スポンサードリンク

1 消費者の保護

その1つ目は、ドロップシッピングによる消費者の保護です。

インターネットを利用して商品を購入する消費者が、ドロップシッピングを行っているサイトから安心してショッピングが行えるよう、優良な取引などを行っているドロップシッピングサイトに対し認証マークの発行などもしています。

認証マークの取得のために、法令遵守の検定を行ったり、Eコマースの法令遵守に関するハンドブックの発行をしたり、検定試験を行ったりしていますが、それらの検定試験に合格したサイトに対して協会から認証マークがもらえます。

2 利用者の保護

そして2つ目は、ドロップシッピングの仕組みを利用する利用者の保護事業です。

サービス提供などの事業者を調査したり、サイト運営者が安心してドロップシッピングを運営できるかどうか、ベンダーの調査を行ったり認定したりします。

またドロップシッピングの消費者や利用者が、何かのトラブルに巻き込まれた際に救済や相談ができるように弁護士紹介を含めた相談窓口の設置もしています。

3 健全な発展のための普及活動

最後の3つ目は、ドロップシッピングの健全な発展のための普及をおこなう事業です。

協会のホームページでは、ドロップシッピングに関しての情報やノウハウなどの提供、そして情報と交流の場としての様々なイベントやセミナーを開催したり、またセミナーに講師の派遣なども行っています。

また、利用者が安心して利用できるようにベンダーの紹介や認知度アップのために著名なドロップシッパーの後援をしたり、書籍執筆者の後援をしたりしていますが、このようにして日本ドロップシッピング協会では、ドロップシッピングを多くの利用者、消費者が安全に利用できるように活動しています。